知って楽しい紙袋の知識をお知らせします

服や靴を買うと紙袋に商品を入れてもらいますよね。でもその紙袋の活用法に困っていませんか?もしかしたらいつか使うかもしれないと思って取っておいても、なかなか使わなかったり、高級ブランドの紙袋だったら余計に捨てづらいですよね。気づいたらたくさん溜まっていてどうしていいかわからないと悩んでいる方も多いと思います。しかし実は活用法がたくさんあります。作り方はすごく簡単ですし、家に余っている袋で作ることができるのでお金もかかりません。この活用法を知れば家に眠っているたくさんの袋をきっと有効活用できるはずです。その活用法とは一つは収納ボックスとして活用する方法、二つ目はインテリアとして活用する方法です。活用法をマスターして家に余っている袋を有効活用しましょう。

収納ボックスとして活用しましょう

余った袋は収納ボックスとして活用しましょう。作り方は簡単です。袋の口を内側に折り曲げるだけです。折り曲げる量によってボックスの硬さを変えられるので場所によって自分の自由に高さを変えることができます。また、内側に織り込むことで側面がしっかりしてたくさん物を入れてもボックスが壊れにくいです。紙でできているので汚れてもすぐにほかの袋に変えることができます。ですので汚れやすいものを入れるのがおすすめです。たとえばキッチンで調味料をいれたり、冷蔵庫の野菜ボックスとして使ったりすることができます。そのまま入れると冷蔵庫の中が汚れてしまいがちなので掃除の手間も省けてすごくお勧めです。袋にシールを貼って自分なりにボックスをアレンジしてみるのも可愛くていいですね。

インテリアとして活用しましょう

二つ目はインテリアとして活用する方法です。お気に入りで捨てられないけど使わずにクローゼットに眠っている袋はありませんか?もしあれば、飾って収納にしてみましょう。この方法だとデザインがおしゃれな袋もそのデザインをそのまま活用することができます。例えば造花を入れてお部屋に飾ることもできます。わざわざ鉢を買う必要もないですしおしゃれなデザインの袋に入れればそれだけでお部屋の中が一気におしゃれになりますよね。また、袋の持ち手部分を壁にかけて物入れとして使うこともできます。汚れてもすぐに捨てることができる袋なのでゴミ袋としても使うことができます。おしゃれな袋であればフレームに入れてそのままお部屋に飾ればインテリアとして利用することもできます。たくさんの使い方がありますね。

創業59年、ネット販売16年の実績がございます。100万個以上の製造実績がございます。 名入れができるオリジナルの不織布バッグならおまかせください! オリジナルサイズのビニール袋を制作・販売しております。 創業59年、ネット販売16年の実績がございます。 担当営業アドバイザーがしっかりとご要望をヒアリングをして親切丁寧に対応をいたします。 オリジナル紙袋の制作は【ヤマゲン】にお任せください